ストレスで手荒れになるの?

手荒れの原因は聞くと、「水仕事」と答える方がほとんどだと思います。
水仕事が多い主婦、料理人として働く人、そのほか水に関係する仕事の人は、手荒れが気になるでしょう。
特に手荒れに悩む主婦の方は多いようですね。
 
しかし、特に水仕事に従事していなくても、ストレスを感じることで手荒れが起こってしまうケースがあるのです。
ストレスは、人の心や身体にいろいろな疾患を引き起こす原因となり、深刻なケースになったりします。
 
このやっかいなストレスですが、私たちが生きていく上でストレスを全く感じないで過ごすことはできません。
毎日、ストレスを解消し、幾らかを抱えながら生活するしかないのです。
「まったくストレスを感じない」という方がたまにおいでになりますが、気がついていないか強がりでしょう。
 

ストレスの原因

ストレスは、何故起こるのでしょう。
ストレスの原因については、大きく分けて3つの原因が考えられます。
 

1.環境が与えるストレス

 
暑さ、寒さ、騒音など環境が与えるストレスです。
暑さ、寒さなどには幾らか対処できますが、自然などの環境ですから原因を排除することはできませんね。
うまく付き合っていくしかないのです。

 

2.精神的なストレス

 
起こったり、不安に感じたり、心配事があったり、人前で緊張したりしたら精神的なストレスを引き起こします。
対人関係で起こることが多く、私たち人間社会では避けられないことでしょう。

 

3.社会的な要因で起こるストレス

 
会社や自分の家庭などの状況が心や身体に与えるストレスです。
これらの原因も自分だけでは排除できないストレスですから、うまく付き合っていくしかないですね。

 

 

ストレスと手荒れや肌荒れ

皮膚の表面は角質層で、角質層内に保湿成分が存在して、肌を乾燥から守っています。
主婦が炊事などの水仕事で手荒れを起こす原因は、この保湿成分を水仕事で洗い流してしまうからです。
冬は食器洗いなどお湯を使うことが多くなりますが、水より余計に保湿成分を洗い流してしまいます。
 
アレルギーなどの体質で手荒れや肌荒れがおこる場合もあります。
 
そして、ストレスは身体のホルモンバランスを崩し、身体にトラブルを引き起こし手荒れや肌荒れ原因になります。
強いストレスを感じているときは、ハンドクリームなど手の表面だけのケアでは治らないようです。
 
ストレスに長期間さらされると、心や体に悪影響を及ぼしてきます。同時に、肌にもダメージを与え続け、肌荒れや手荒れを起こしてしまうのです。
 
ストレスの原因を取り除くことが手荒れや肌荒れの治療になりますが、すぐには対処出来ないことも多いですね。
ストレスによる手荒れや肌荒れは、個人それぞれで異なるとは思いますが、解消する時間をつくることしか無いようです。
 



キーワード