肌荒れの症状

「肌荒れ」にはかゆみ、湿疹、吹き出物など様々な症状があります。
hadaare007

かゆみ

乾燥肌

肌が乾燥し、角質層が不均等な重なりとなり、はがれやすくなります。
そのため外からの刺激を角質層の下の知覚神経が刺激を受けやすくなり、「かゆみ」となって症状があらわれると言われています。

 

じんましん

猛烈なかゆみと発疹を伴うじんましんの症状は、短時間でひくのが一般的ですが、皮膚の奥の方でで炎症が起こり、血管から血液の成分が漏れ出すためにすぐにふくらみができます。
主な原因としては、食事、ダニ、ハウスダスト、衣類、植物、農薬などと言われていますが、他にも原因はありその多くは不明となっています。

 

湿疹

症状は、乾燥して粉をふく、赤いブツブツや小さい水ぶくれ、腫れやじゅくじゅくするなどが混ざり出来るものでかゆみを伴います。
原因が様々なので早めに皮膚科で診察してもらいましょう。

 

吹き出物

字のごとく皮膚にできる「できもの」のことで、馴染みの深い「にきび」も吹き出物です。
吹き出物の原因も様々ですが、主な原因は食生活、ストレス、ホルモンのバランス、睡眠不測、便秘、化粧品が合っていないなど考えられます。

 
症状を改善するには、肌を清潔な状態に保つのが大切で、洗顔をしっかりと行い、低刺激の洗顔料を使って下さい。汚れが落とそうとゴシゴシ洗顔すると皮膚を傷つけたりしますので、泡立てた細かい泡で汚れを落とすようにしていきます。
洗い流す時も洗顔料が残ったり、雑菌が残ったりしないようにしっかりと洗い流して下さい。
 



キーワード