肌荒れとストレス

肌荒れになる様々な原因の主要な一つであるストレスと肌荒れとの関係について説明していきたいと思います。
まず、ストレスについて説明ですが、ストレスとは、以下によって分類されます。
1.環境的な要因
 暑い、寒い、不快な騒音、睡眠不足など
2.精神的な要因
 怒り、不安、心配、悲しみ、緊張など
3.社会的な要因
 職場環境や家庭環境など

 
肌荒れの悩みこのような、体や心に生じるひずみであると言われています。
ストレスと感じる事自体は人によってそれぞれと異なりますが、仕事における人間関係、子育てにおける不安、不満、憤りなどに精神的ストレスを感じる方が多くいます。
ストレスと感じる事柄が強力だったり、長期間継続したりすることで心身が耐えられなりひずみを生じた結果、ストレス病となります。
 
ストレスと肌荒れの関係について説明しましょう。

 
人間の肌は体の外から刺激を受けていますが、体内からも神経性やホルモンの影響を多く受けますので、ストレスが積み重なる事で肌荒れとなって症状が現れる事もあります。
人間はストレスがたまってくると脳の交感神経が興奮して、ストレスホルモンが分泌され、人体や肌が持っている免疫力が低下するという症状が起きます。

 
免疫力が低下によりどのような事がおきるかというと、新陳代謝が活発に行われ、新しい細胞が次々に生まれます。
正常ですと、古い細胞が順に剥がれ落ちていくのですが、これが行われなくなったり、皮脂の過剰な分泌や紫外線によるメラニンの増加が促進され、色々な肌荒れを起こしていくのです。
 



キーワード