30代からの肌荒れは乾燥肌対策 > 肌荒れ対策 > 花粉症の肌のスキンケア

花粉症の肌のスキンケア

お肌のスキンケアで花粉症の場合の注意点をご紹介しましょう。

 
◇花粉症の場合は油性のファンデーションは出来るだけ使わない工夫をします。油分が花粉をつけやすくするからです。
 
◇帰宅したらすぐに洗顔をし、メイクを落とします。外で付いた花粉が肌に長く付いた状態だと痒くなります。
 
◇髪の毛は最初にシャワーでよくすすいでから、シャンプーをつけて洗います。その後に洗顔した方が良いです。
 
洗顔は低い温度(30℃位)のぬるま湯で、顔を泡で包むようにして洗い、すぐに洗い流します。痒くて掻いてしまった部分は、泡をつけるだけで触らない方が良いでしょう。
 
◇化粧水は消炎効果成分入りのものを使用し、くり返し何度もタップリとつけます。水分を補給をする事で花粉の刺激を緩和してくれます。
 
皮膚の再生を促進してくれる成分がある保湿剤を使います。肌の回復、再生が早まってバリア機能が向上されます。
 
◇ポンポンと軽くたたく様お手入れし、すり込んだり、横滑りさせるのはやめましょう。余計に皮膚がめくれて治るのを遅らせます。
 
スクラブ、ピーリング系の洗顔料の場合はすぐ使用をやめましょう。
 
◇クレンジングは、肌に優しい水性ジェルタイプかクリームタイプに変えましょう。
 
◇皮膚剥けがひどい時は、メイクも可能な限り避けてノーメイクで保湿ケアを行いましょう。
花粉症は思考能力も落ちイライラしますが、鼻のかみすぎなどでひどい肌になっても、肌の手入れを確実にできれば、肌荒れの症状は和らぐでしょう。
 



キーワード