肌荒れとスキンケア

スキンケアの仕方は肌のタイプによって異なりますが、肌荒れに対して、どうスキンケアしていけばよいのでしょうか。

 

乾燥肌

「乾燥肌」とは、角質層や皮脂の水分、皮膚のうるおい成分が少なくなっている肌をいい、カサカサがおこりやすい状態です。
乾燥肌は、洗顔の後何もケアしないでそのままにすると、乾燥により肌がつっぱって肌荒れになります。洗顔後はまず保湿効果の高い化粧水で水分の補給を行い、その後で栄養価のあるクリームを塗ると良いと思います。
 

脂性肌

「脂性肌」は水分や皮脂の分泌量が多すぎる肌をいいますが、肌にすぐ脂が浮いてきてテカテカする肌のことです。
メイクをした後は洗顔することができないので、余分な皮脂はあぶら取り紙やティッシュでまめに除去するようにします。乾燥肌と違って肌が脂っぽいからといって、洗顔後に何もケアしないのは禁物です。
さっぱり系の化粧水で水分を補給していきましょう。
 

混合肌

一番多く見られるのは「混合肌」でが、額、鼻すじのTゾーンはテカテカしやすい脂性肌で、顔の輪郭部のUゾーン、頬や目のまわりは乾燥肌といった、部分によって乾燥肌と脂性肌が混在している状態です。
乾燥するUゾーンには美容液などで水分を補給し、Tゾーンは皮脂腺が活発なので脂性肌と同じスキンケアを行いましょう。
 

敏感肌

「敏感肌」とは、外部の刺激、紫外線、乾燥、摩擦などや化粧品などに含まれる成分に敏感に反応してしまう肌の状態をいいます。
刺激の少ない天然成分の洗顔料でやさしく洗顔し、化粧水を丁寧になじませスキンケアします。
そして、十分な睡眠とバランスの良い食事、適度な運動を心がけましょう。
 



キーワード