妊娠中の肌荒れ

妊娠中は、ご自分と赤ちゃんの栄養を考えたり色々な事に注意が必要ですが、妊娠中の肌荒れにはどんな症状があり、どうすれば予防、改善出来るのかご紹介します。

 
ホルモンのバランスにより普段よりメラニン色素が増える妊娠中は、普段よりしみ、シワなど肌荒れが起こりやすくなってしまいます。
外出時は紫外線の対策としてUVカット効果のある化粧品を使い、帽子や日傘で直射日光を避けましょう。
 
また、肌荒れ対策効果があるビタミンをしっかり食事で摂ることが大事です。
特に肌荒れ対策効果があるビタミンとして、
 

ビタミンC

食物ではピーマン、じゃがいも、みかん、レモン、キャベツ、いちご、ブロッコリー等です。
効能はメラニン色素の発生を抑制し、コラーゲン生成に役立ちます。
 

ビタミンE

食物では豚のレバー、落花生、アーモンド、抹茶、マヨネーズ、ひまわり油などがあげられます。
効能はホルモンの分泌を円滑にし、血行がよくなり肌のしみなどの肌荒れや、保温効果により冷え性を防止してくれます。普段でもビタミンEが不足するとしみが出来やすくなり、皮膚の抵抗力が低くなります。
妊娠も出産が近くなればなるほど体重も増加し、赤ちゃんの成長に従いお腹もどんどん大きくなっていきます。
 
そして、立ったり座ったりと言う何気ない動作も大変に感じ、汗をかきやすい体になります。
汗をかくとほこりなどが付着しやすく肌が汚れがちになりますので、洗顔や保湿をしっかり行ったり、シャワーなどで体を清潔に保ったりすることが、肌荒れを防ぐことにつながります。
 



キーワード