肌の保湿とやわらかさ

肌に水分を与えることではなく水分を保つことを、肌における保湿といいます。保湿の目的は、保湿成分を与えることで乾燥しにくい肌へ改善することです。

 
乾燥しにくい肌、つまり保水力のある肌になれば、空気が乾燥したとても肌は乾燥しにくくなります。
肌の保湿成分は、セラミドやヒアルロン酸などですが、保湿成分は化粧水には殆ど含有されていなく、セラミドやヒアルロン酸などが多く含有されている美容液やクリームで、肌の保水力を高めていきましょう。

 
肌は乾燥してくると、硬くなっていきます。角質のバリア機能が低下で、外部の刺激から肌を守ろうして角質が厚くなってしまうのです。
肌は急いで角質層を厚くしようとするため、角質を生成する過程で未熟な角質細胞が出来てしまうようです。

 
つまり、以下のように角質生成が進行します。。

  1. 肌が乾燥する。
  2. 角質のバリア機能が低下。
  3. 外部の刺激から肌を守ろうとして角質を厚くし、肌が固くなる。
  4. 急いで角質細胞を生成するため、未熟な角質細胞が出来る。
  5. 未熟な角質層ばかり厚くなる。

 
こうなるとさすがに悪循環で、肌が乾燥するたびにどんどん皮膚は厚く硬くなっていくのです。

 
未熟な角質細胞が出来てしまう対策としてはまず、保湿することになります。そのためにセラミドやヒアルロン酸など保湿成分をしっかり肌に与えて保水力を取り戻します。
厚くなりすぎた角質層はピーリングで少し取り去ってしまうのも効果的ですが、市販されているピーリング剤は、石鹸タイプの方が化粧水タイプよりも比較的肌には刺激が少ないようです。
 



キーワード