肌荒れとメイク

肌が乾燥してメイクの「のり」も悪くなったとき、どうしたら良いのでしょうか。
原因が分からずスキンケアできないので厚化粧をする、なんて非効率な事をしてしまうのは厳禁です。
 
肌が乾燥してくるとバリア機能が低下で肌の角質が厚くなりますので、美容液などなかなか肌に浸透してくれません。
そんなとき特に役に立つのが「保湿パック」です。

 
保湿パックには角質層の奥の奥までうるおい分を与えてくれますので、即効ケアとしてメイクの「のり」が悪いときには非常に効果があるのです。
シート状の保湿パックが最近はよく使用されていますが、固まるタイプの昔から売られているパックの方が効果があるようです。

 
なぜ保湿パックが肌の奥までうるおい分を浸透させるのかと言うと、肌を密閉し空気を遮断することで表面から水分蒸発を防いでくれるからです。
しかし、シート状の保湿パックの場合は肌を完全に密閉することはできませんので、若干ではありますが表面から水分が蒸発してしまいます。

 
この水分が蒸発の違いがシート状のパックよりは固まるタイプのパックの方が効果があるという理由です。
肌にのばすと固まって、パックの後水で洗い流すタイプの保湿パックが一番効果がある様で、乾燥しやすい冬場には週に2回位保湿パックを行っていくことが理想的だといえます。

 
メイクの「のり」が悪いと外出する気分の「のり」まで悪くなってしまいがちですね。そうならないように、普段からしっかり保湿ケアをしてお肌にも心にも良いメイクを心がけましょう。
 



キーワード