手や足の肌荒れ

生活する上で必ず使う手、もし手あれになったとしても、まったく手を使わず生活はできないので、一度荒れてしまうとなかなか手あれが改善されず治りにくいものです。
手荒れにおより角質のバリア機能がほとんど損なわれてしまうと、髪に触れたり、水に触れただけで刺激となりますます荒れていく悪循環になってしまいます。
 
手荒れを改善のために一番大切なことは、徹底的に手を保護してあげることです。
 

 
必ずゴム手袋をつけて水仕事を行い、刺激の強い洗剤は直接手で触らないように注意します。刺激と言うことでは野菜の泥やアクなどでも、もちろん手荒れを進行させてしまいます。

 
水で濡らすことは、乾燥などしている場合に良い影響を与えるように思いがちですが、本当は手を水に濡らしただけでも、手のうるおい成分が流れ出てしまうので、手を洗うのも必要最小限にする様注意が必要です。
手を洗った後は時間を空けずに水気をやさしく拭いて、ハンドクリームを塗って手を保湿しましょう。

 
いつも体重がかかる足の裏は、防御作用が働いてしまい、どうしても角質が厚くなり硬くなります。この状態を一般に「タコ」といい、手などにも出来る「タコ」と同じ状態です。
唇などと同じく足の裏は皮脂腺が少ない部分なので乾燥しやすいのです。手入れをしないと皮膚がどんどん厚くなっていき、厚くなり過ぎると更に乾燥しやすくヒビ割れを起こしてしまいます。

 
足の裏の皮膚が厚くなってきたように思えたら、お風呂で皮膚が柔らかくなったとき軽石でこすすなどして余分な角質を落とします。
お風呂から上がりには、古くなった角質を取り除く作用がある「尿素」を含んだ保湿クリームを塗ると良いですね。
 



キーワード