肌荒れと花粉症の関係

花粉症と肌荒れの間にはどんな関係があるのでしょうか?
アレルギー体質とという点で非常に密接な関係があると考えられます。
 
花粉症になりやすい人は以下の特徴があるようです。
 

  1. ストレスを感じやすい
  2. 冷え性である
  3. 便秘気味
  4. 肉料理が中心の食事
  5. インスタントや加工食品をよく食べる

 
肌荒れしやすい人と同じ特徴ですね。先にも述べましたが花粉症と肌荒れ、アトピー性皮膚炎は紙一重と考えられています。
人によって原因がですが、アレルギー体質の人は花粉症にも、肌荒れにもなりやすいようです。
 
他には体調不良になって体の免疫力が衰えているホルモンのバランスが崩れている慢性的な睡眠不足などでも症状が出ることがあります。
 
従来、外からの刺激を直接受けないために人間の皮膚はバリア機能を持っています。このバリア機能はふだんから普通のお手入れをしていれば正常に機能し、外からの刺激をまともに受けることはありません。
 
少しではありますが花粉症を発症しやすい肌のタイプ、また間違ったお手入れをしている例を紹介します。
 

  1. 乾燥肌
  2. 冷え性である
  3. 冷え性である
  4. 洗顔後に肌がつっぱる
  5. 化粧水はあまりつけず普通肌、乾燥肌、混合肌
  6. 洗顔する時間が長い
  7. お湯の温度が熱すぎる洗顔(30℃以上)
  8. 長期間石鹸で洗顔をしている
  9. 拭き取りクレンジングを毎回使っている
  10. オイルクレンジングで軽いメイクを落としている
  11. 密着度なファンデーションを使っている

 



キーワード