妊娠初期の肌荒れ

妊娠すると女性は体調に変化が起き、精神的にも不安定になる時期ですので肌荒れになりやすい状態になります。
妊娠中、少しでも肌を正常に保つ為には、規則正しい生活をおくり、栄養のバランスを考えた食事をしましょう。
 
体の変化から過食や少食気味になったり、食べ物の好みが変わったりする場合もありまが、バランスの良い食事は赤ちゃんへの栄養に大切ですし、ご自身の体、肌のことも考えて食事をとりましょう。
 
妊娠している、していないに関わらず肌荒れを防ぐには、こまめに洗顔をして肌を清潔に保ち、保湿を心がけることが必要です。
しかし、妊娠中に発症した肌荒れである場合、多くの人は出産後に改善されていきます。
 
それでは、妊娠初期の肌荒れはどう予防し、改善すればよいでしょうか。
妊娠1ヶ月~3ヵ月位までを妊娠初期と言いますが、妊娠初期にはホルモンの変化がおこり、普段は何ともない方も肌荒れする人が多くいます。
特に、生理前に肌荒れがおこりやすい人は妊娠中にも肌荒れする傾向が強いと言われています。
 
妊娠初期の場合でも、肌荒れ対策は普段と同じ下記の様な事に注意します。

  1. バランスの良い食事を考え、暴飲暴食は避けます。
  2. 水分はしっかり補給します。
  3. 湿度が50~60%になるよう部屋を加湿します。
  4. 刺激の少ない洗顔料を使用し、化粧水も保湿性の高いものを選びます。
  5. 睡眠はしっかり取ります。
  6. 皮膚科で治療する場合、受診前に妊娠を告げて起きます。

 



キーワード