肌荒れと漢方

肌荒れの改善策として漢方も考えられますが、漢方とはどういったものを言うのでしょうか。
この、中国から伝来した漢方は、草根木皮や動物類を原料とした漢方薬を使った医療のことを言います。

 
漢方では、肌荒れも他の疾患と同じように、単に皮膚だけの問題でなく、「気・血・水」のバランスが乱れることによりおこると考えられています。
全身の体調を整え、体質改善を図り、体の内側から治療していくことを重要としています。

気」はエネルギーを示し、字のごとく精神的な働きも意味で、「」は血液自体や、血流、血行など循環の事、「」は体の大半を占める血液以外の水分と代謝のことを言います。
この3要素が体内を順調に循環している状態が漢方で唱える健康で、「気・血・水」のバランスが乱れる事で体調不良になったり、様々な肌荒れをおこしたりすると考えます。
 
中国4千年の歴史から生まれた漢方の考え方はなるほどと納得するところがありますね。
精神的なストレスもなく、血行や血流、体に大切な水分が正常な状態であれば病気や肌荒れになることは無いという事です。
 
治療を受けたことがない私にはどんな漢方薬があり、どんな効能があるのか分らないのですが、興味を持たれたら専門医や専門店で細かく調べると良いでしょう。
ちょっと神がかり的というか、神秘的な気持ちにもなり日常生活にいい変化点となったり、精神的にも変化が起こり肌の状態も良くなるきっかけになるかも知れません。
 



キーワード