赤ちゃんの肌荒れ

お母さん自身の肌荒れより赤ちゃんの肌荒れは気になりますよね。
しゃべれない分、痒いのか痛いのか分かりませんし市販の変な薬を塗る訳にもいかないので、症状にはどんなものがあり、予防、改善をどうしたらよいか勉強しましょう。

 
汗を出すことで体温調節をしたり、外からのばい菌から体を守ったりする人間の肌ですが、赤ちゃんの肌は薄くて繊細なので、汗やよだれ、気温の微妙な変化や衣類のこすれで肌荒れを起こしてしまいます。
当然のことですが赤ちゃんの肌はいつも清潔に保ち、衣類やタオルなどもできるだけ清潔で柔らかいものにしていきましょう。

 

ミルクローション

 
ではよく見られる赤ちゃんの肌荒れの種類と症状、改善方法について紹介します。
 

乳児湿疹

顔などに赤いブツブツの湿疹がでたり、黄色いかさぶたの様な湿疹ができたりするものです。
発症時期は様々ですが生後2、3週間から2ヶ月位の赤ちゃんによく見られ、大半は自然に治るのですが、沐浴する時にやさしく洗い、患部を清潔にしましょう。
 

おむつかぶれ

おしりの肌が赤くなってブツブツができたり、ただれたりします。おむつでむれる為、肌が傷つきやすく、更にうんちやおしっこ、おしり拭きの摩擦によってかぶれを発症します。
おむつは清潔に、おしりは沐浴時にやさしく汚れを落とします。
 

アトピー性皮膚炎

顔や体全体に赤い湿疹がでて強いかゆみを伴います。
アトピー性皮膚炎の原因は、色々ありますが、自分の汗やダニ、ほこり、乾燥、遺伝などです。家庭でのケアは清潔にする事ですが、病院で診察してもらう事をお勧めします。

 



キーワード