出産後の肌荒れ

おなかの赤ちゃんの為に色々な注意が必要なだった妊娠中、ご自分よりも赤ちゃんの為に食事や行動していたと思います。
出産後もほぼ24時間育児にかかりっきりになりますが、少しでも時間のある時にお肌の手入れもしたいものです。

 
そこで出産後の肌荒れの症状と予防、改善はについて何をすればよいか紹介していきます。
 
出産後は当然赤ちゃん中心の生活になり、ご自分のことはどうしても後回しになってしまいます。
赤ちゃんの世話で忙しくスキンケアが十分できなかったり、夜中でも3時間毎に授乳で起きる為、寝不足やストレスによって皮膚のバリア機能も低下してしまいます。
 
当然体にとって良い事ではないので、肌荒れが発症しやすくなったり、体調の変化で今まで使っていた化粧品が合わなくなったりします。もし今まで使っていた化粧品がご自分の肌に合わなくなったと感じる様でしたら、使用するのは中止した方がいいでしょう。
 
妊娠の後期から出産後における期間は、特に女性ホルモンのバランスに変調をきたし、肌荒れ、乾燥肌、敏感肌の状態になることが多いですが、妊娠中にホルモンの影響で出来たシミなどは出産後、次の生理が始まるころまでには薄くなったり自然に直ったりしますのでさほど心配する必要がないものもあります。
 
しかし、自然に消えていくのを待つだけではなく、直射日光、紫外線に当たらないように努力したり、ビタミンの豊富な野菜や果物を多く摂取したりするなど、日頃から肌荒れを防止する気を使いたいところです。
 



キーワード