肌荒れとにきび

肌荒れの中でもお馴染みの「にきび」について考えましょう。

 

にきびが出来る仕組み

にきびは、脂腺の働きが活発になって毛穴の中に皮脂や角質が詰まり、そこに「アクネ桿菌」などの細菌が発生して炎症を起こしたり、荒れて化膿して出来る症状です。

 

にきびが出来る原因

洗顔

洗顔をし過ぎると必要な皮脂まで洗い流して顔の表面に皮脂が不足することになります。不足した皮脂を補うために今度は逆に皮脂が活発に分泌され、にきびの原因になるのです。

 

ホルモンのバランス

思春期には「にきび」が良く出来ますが、原因として男性ホルモンが皮脂腺を活発にさせる作用があり、女性も男性ホルモンの分泌が増加するの思春期で、男女ともにきびが出来やすくなります。

 

化粧品

クリームやファンデーションは脂分を含むため、毛穴を塞いでしまい、にきびや肌荒れを悪化させやすいのです。化粧品には化学成分をたくさん含む場合が多いので、ニキビの原因にもなります。

 

ストレス

ストレスによりホルモンのバランスが崩れやすく皮脂の分泌量が乱れるので、肌には悪影響となります。

 

便秘

便秘は腸の中に老廃物が長時間溜まるり、その老廃物が体内に吸収されることで、肌荒れを起こす原因になります。

 

食生活

香辛料が強いもの、脂の多い食事や糖分が多いものなどの食事を取りすぎるとにきびや肌荒れが出来やすくなります。
また、ビタミンBが不足すると肌荒れの原因になり、ビタミンCが不足すると肌を保護する機能を損なったりします。
 



キーワード